決意。

2006.10.03 Tuesday
小さい頃から、光の加減で
眼の中央が青白く見える時がありました。

青く見えるのは、他のワンも同じだけど
ブーさんは、白っぽいモヤモヤしたのが
なんとなく見える時がありました。

信じられませんが、そのモヤモヤは
「若年性白内障」という眼の病気だったのです。

先日、ブー子の親戚さんの「きくちゃん」が
ブー子と同じ年齢で、この病気だと診断されたと聞き、
気になって見てみると、以前より目立つような・・・。
心配なので先週土曜日に
かかりつけの病院に連れて行きました。

やはり「若年性白内障」だろうということで
眼科の専門医を紹介していただき、
翌日の予約まで取っていただきました。

翌日、眼科の先生の診断でも間違いなく「白内障」でしたが
現時点では、視力、視界にさほど影響はないとのことだったので
少し救われました。
白内障を抑制する薬をしばらく試して
2週間後にもう一度診察し、
それから今後の方向性を決めましょう、とのことで
その日は帰ってきました。

正直、かなり凹みました・・。
このままだと、いつか眼が見えなくなる・・。
薬では、進行を抑えることはできても
完全に治すことはできない。
麻酔のリスクを背負って手術しないと完治しないなんて!
まだ1歳にもなってないのに。
なんで、ウチの子がこんな病気に!

でも病院には、明らかにブーさんより眼の白いワンたちが
診察に来てました。
先生がおっしゃるにはフレブルにも結構多い病気らしく
実際、その日もブリンドルの男の子が治療に来てました。
でもどの子も、明るく元気で健康そう。
みんな頑張ってるんだなーって。
ブーさんも、父母のどよーんとした空気をよそに
いつもどおり、元気だし。

これからどうなって行くのかまだわからないけど、
ブーさんがいつまでもちゃんと眼が見えて元気に遊べるように
ブーさん担いで、全国の名医を探し回る覚悟で
父ちゃんと母ちゃんは頑張るよ。
うち貧乏だけど、
父ちゃんも母ちゃんも仕事バリバリして治療代かせいだる!
だからブーさんもつらいけど頑張って!


長時間の検査もおりこうさんでがんばったよ!

コメント
ほんとうに、ほんとうにブー母さん、ショックだったでしょう。。。
私たちにとっては子供同然ですもんね。
動揺するのは当然です。
ブー子ちゃん、病院でおりこうさんでえらかったね〜。
優しくて強いパパとママがついてるから、大丈夫だよ〜。
ブー子ちゃん、ブー父母さん!頑張れ〜!
そういう病気があることを初めて知りました・・・
本当にショックだったと思います。
でも、ブー父母さんの想いはブー子ちゃんに届いてますよ。
だからイイコで検査を受けてくれたんです。
応援してます!頑張ってくださいね!

ドンは・・・
白内障ではないそうですが、我が家に来た時から左眼に白いモヤモヤがあったんです。
時々膜がはってめくれそうになることも。
心配で診察してもらった所、そのモヤモヤは一生消えないと言われました。
どうやら小さい頃に眼を傷つけてしまったらしいんです。それも結構深く。
先生曰く、それがトラウマにもなっているそう。
目の近くを触ろうとすると異様に嫌がります。歯を剥き出しにして・・・(笑)
それを受け入れるのに時間は掛かりましたが、視力に問題ないと言われたので、今は時々見えてるかを確認する程度になりました。

我が子同然なので心配事は尽きませんが、これだけの深い愛情があれば大丈夫です!

力になれることがあれば何でも言って下さいね!
頑張れブー子ちゃん!!
そうですか。。。ブー母さん、大丈夫?
そんな病気があるなんて知りませんでした。
ブー子ちゃんはブー母・ブー父さんにとって、我が子同然だから、ホントに辛いと思いますが、どうかお二人とも元気を出してください。ブー子ちゃんのためにも。。。
手術に対する不安はなかなか消えないと思うので、私も何か他にいい治療法はないか調べてみます。
がんばれ、ブー子ちゃん!
がんばれ、ブー母・ブー父さん!
そうなんですか。
ブーさん可愛そうに…。
母さんも気お落とさずに
がんばってください。
必ずよくなりますよ!!
  • おとうちゃま☆
  • 2006/10/03 9:31 PM
、、、、、。
ブーちゃんはないと思っていたのに。

気を落とすなと言われても難しいでしょうが、お互い前を向いて歩いていきましょうね。
そのあとには必ずブーちゃんもついてきてくれることでしょう。
もちろんきくもそうであってほしいです。
ってか、気落ちの原因はきくだけれど、それを振り払ってくれるのもまたきくやブーちゃんだったりするんですよね。
うちの場合、どちらかというと、きくに引っ張られてるような気がしないでもないですが。
  • あゆぺー
  • 2006/10/03 10:41 PM
ブー父さん、ブー母さんのお気持ちを察すると、
どんなにショックだったかと思っています。
何と言葉をお掛けすればいいのか・・。
でも前向きに考えるしかないですよね。
きっと良くなります。
いい獣医にめぐり会えて、絶対いい方向に進むと信じています!!
  • sakura
  • 2006/10/03 11:00 PM
■ジャンママさま
病院に行くのを躊躇していた私を
励ましてくれたのはジャンママさんです。
もう今は全然元気です(笑)
思い切って行って良かったです。
ほんとうにありがとう!

■ふーたろうさま
ありがとうございます。頑張ります!
ドンくんも可哀想に・・。
トラウマになるほど痛かったんだね。
ふーたろうさんもつらかったでしょうね。
お互い頑張りましょう!
  • ブー母
  • 2006/10/03 11:49 PM
■かんちさま
ありがとう〜。もう全然大丈夫です(笑)
今のところ、ブー子も何ら変わりなく普通に生活できてるので
本当に見えなくなるのかな?
ってまだ信じられない気持ちです。
正直、手術はできるだけ避けたいです。
でも完治させてあげたい・・。
ブー子にとってどうしてあげるのが一番いい選択なのか、ゆっくり考えて行きますね。

■おとうちゃま☆さま
ありがとうございます。
もう大丈夫、頑張ります。
そうですね。
きっとよくなりますよね!
また色々教えてくださいね。
  • ブー母
  • 2006/10/04 12:02 AM
■あゆぺーさま
うわーん、ブー子もきくちゃんと同じでしたー(泣)
でもうちの場合、あゆぺーさんのブログを読ませていただいてから色々知識を得て、ある程度の覚悟をして病院に行ったので、まだ冷静に受け止められた方だと思います。
お互い前向きに頑張りましょう!
また何か情報を得たらお知らせします!!

■sakuraさま
ありがとうございます。
もう、全然大丈夫ですよ。
ブー子もこれまで通りに元気に走り回っています。
私の今までの人生って、色々困難はあったけど、結局最後にはなんとかなってきましたから(笑)
今回も、絶対いい方向に進むと私も信じています。
  • ブー母
  • 2006/10/04 12:16 AM
はじめまして。ミクシィから遊びにきました。

ブー子ちゃん、可愛いですね〜☆生後10ヶ月ですか♪しっかりした体つきで本当に可愛い!!!

私もフレンチのクリーム(♀)を飼っていまして、生後7ヶ月です。

おめめ、大変ですね。先生の言葉を信じて、前向きに頑張っていってください!お薬で完治することを祈っています。

うちの子は、病気がちでしょっちゅういろんなことで病院に行ってます><まだ1歳未満なので、色々でてきますよね。お互い頑張りましょうね!

また遊びに来させてもらいます!


ブー母さん、ショックだったことでしょう。
うちも病気は違えど治らぬ病気と言われた時は、この私でさえ正直オチました・・・。
そして、やっぱり
「なんでウチのコが?」とも。
でもある時、てんかんに関する書物で薬を飲み続けることは「目が悪いコが眼鏡をかけるようなもの」と見て、いい意味で開き治りました。

病気は乗り越えられる強さを持った仔の試練です!

コロンボ+YAZAWA
ブーちゃん応援しますぞ!!!


■みゆさま
 ありがとうございます。
 しっかりした・・というか、
 うちの場合、単なるデブなんですよ〜(汗)
 そうですね、病気に負けず、
 お互いがんばりましょうね。

■YAZAWAさま
 じ〜ん(涙)
 ありがとうございます。
 そうですね、コロンボくんも
 がんばってるのですもんね。
 ブー子も今後は点眼等の薬が欠かせなくなると思いますが、
 なんだか私も開き直れそうです。
 お互いがんばりましょう!
 
  • ブー母
  • 2006/10/10 3:43 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

recent comment

recent trackback

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM